2009年06月14日

ルナティック・アサイラムに迷い込む

KASABIAN 3rdアルバム 'West Ryder Pauper Lunatic Asylum' CD

アルバムを初めて聴いた時、前作「エンパイア」程には衝撃を感じなかったのが正直なところ…
彼ら独特の疾走感、野蛮さ、不穏なムードは引きずりながらも、音がなんだか少しおしゃれになったような…
変化を確かめるかのごとく、さらに聴いてみる…気付けば何度も聴いてしまっている…
これぞ彼らの策略か?正常な脳がいつの間にか、静かに狂気へ蝕まれていく…
相変わらず、一度聴いたら耳につき頭から離れないメロディー…悔しいがまたはまってしまったようだ。
このアルバムで見せた狂気。ライヴではどの様に化けてくるのか、今から楽しみである。








posted by funa at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。